34才独身男性会社員の即ハボ体験談

インターネットサイトを利用して、何人かの女性と即ハボしました。
【サチコ】
31歳。
ちょっとだけ出っ歯なOL。
明るいブラウンの長い髪、細面で背がすらりと高い。
出っ歯がなければ、結構モテると思います。

インターネットサイトを利用した即ハメの出会いも初めてではないそうで、そういう意味では即ハボにも慣れている子でした。
それでも会ってしばらくの間は、歯を隠すように手を口に添えていました。
【ミキ】
25歳の看護師。
軽やかな感じのショートの茶髪と、小柄で引き締まった体つき。
病院ですばしっこく走り回っている姿が思い浮かびます。

インターネットサイトで即ハメの出会いを探すタイプには見えませんが、平日の夜勤明けだと遊べる友だちがいないので利用したそうです。
仕事柄、かなりのストレスが溜まるとのことで、夜勤明けはいくら疲れて眠くても、目が冴えて眠れないそうです。
【リサ】
24歳。
スポーツクラブの受付でバイト。
インストラクターではありませんが、学生時代はバレーボールをやっていたバリバリの体育会系女子。
身長や体格は普通なのに、なぜか厚みを感じる体つき。
髪は長く、珍しいくらい真っ黒。
きれいなのですが、なぜか毛先だけやたら痛んでいました。
子どもの頃からずっと短くしていて、大学卒業してから伸ばし始めたので、髪の手入れがまだ下手だそうです。
【ミドリ】
27歳の事務系派遣社員。
中肉中背、少しウェーブのかかったダークブラウンの髪。
フェミニンなファッションと落ち着いた雰囲気。
顔立ちも整っており、雑誌の読者モデルくらいできそうな感じ。
実際、学生時代には何回か載ったそうです。

ぱっと見は、インターネットで即ハボを求めなくても周囲が放っておかない気もします。
しかし、会って数分も話していると、何となく理由が分かりました。
彼女の視線は、なぜか私の後ろ、何もない空間を見ています。
凝視ではなく、ぼうっと眺めているような感じ。
この世のものではない何かを見ている感じ。